夜食が太るというのは真実か?

なぜ一般的に夜食が太りやすいといわれている理由としては、時間が遅くなると食事によって消費するカロリーが低くなってしまう。夜間は蓄積されるたんぱく質の分泌が盛んになる、夜は食べた分のカロリーが消費されにくいなど理由を挙げますと信じることだと思います。

論文で提出された文書によって食事の大半を朝に済ませる場合と夜に済ませる場合の体重、体脂肪の変化について発表がありましたが、結論としては体重は前者の方が多く減ったが、体脂肪率は後者の方が減ったという研究けかがありました。

3食を6時間遅く摂っても大体10Kcal強しかDITの変化はないということです。ですので、1食を夜食にしたところで、決定的な違いは薄いとのことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top